代表的な症例

足部アライメント異常により歪みが生じ、カラダ全体で補正しようとします。その結果、足の歪みが他の部位の歪みの発生につながり、運動低下や痛み、障害を引き起こす可能性があります。アライメント異常と関係が深い症例を解説します。

  • 症状

    足裏のかかと部や足裏全体に痛みが出る。

    原因

    ランニングやジャンプで、足底筋膜が引き伸ばされることの繰り返しにより発生。

    足底筋膜炎
  • 症状

    母趾の先が第2趾の方に曲がりつけ根の部分に痛みが出る。

    原因

    横アーチが崩れ、横アーチを支えているジン帯が緩み、母趾の中足骨が扇状に内側に開き発生すると考えられている。

    外反母趾
  • 症状

    アキレス腱付近が炎症を起こし、痛みや腫れが出る。

    原因

    ランニングやジャンプで、アキレス腱付近が引き伸ばされることの繰り返しにより発生。

    アキレス腱炎
  • 症状

    すねの内側に痛みが出る。

    原因

    アーチが低く衝撃吸収が不十分な場合やオーバーユースなどにより発生。

    シンスプリント
  • 症状

    腸脛ジン帯と大腿骨の摩擦により、ヒザの外側に痛みが出る。

    原因

    オーバーユース、足部のアライメント異常などにより発生。

    ランナーひざ(腸脛ジン帯炎)
  • 症状

    大腿四頭筋腱や膝蓋ジン帯が炎症を起こし、痛みが出る。

    原因

    ランニングやジャンプで、ヒザに負担が繰り返しかかることにより発生。

    ジャンパーひざ(膝蓋ジン帯炎)
  • 症状

    外脛骨とは、過剰骨もしくは種子骨の一つで、後脛骨筋の付着する舟状骨の内側に見られる。

    原因

    扁平足傾向の方に多く、後脛骨筋が引っ張られ、外脛骨部分が舟状骨の部分からはがれるようになって炎症が発生。

    有痛性外脛骨
  • 症状

    腰椎や椎間板などにはっきりとした異常が発見されない原因不明の腰痛の総称。

    原因

    姿勢の悪さ、筋肉疲労、腰に負担がかかる動作などが一因となり発生すると考えられている。

    腰痛症

足部アライメントに対して、インソールは直接的に働きかける事ができるため、アーチや加重のバランスを補正するのに有効であると考えられています。

インソール 商品一覧